転職支援金で賢く転職

転職したい!といっても、もらえるハズのお金をもらわずして転職するのはもったいないと思いませんか?

もらえるハズのお金、というのは「転職支援金」のことです。

条件や金額などはその企業によっても違ってきますが、基本的な内容は一緒です。ようするに「転職に成功すればお金をもらえる」というものです。このような支援金をもらえる転職サイトのだいたいは登録料は無料です。しかしここで一つの疑問が…お金は払う必要がなく、就職すれば支援金がもらえる。それって少し不安になりませんか?そこでこの支援金について仕組みを簡単にして説明したいと思います。

病院は転職サイトに「看護師を紹介したら一人につきいくら支払う」といった契約をしています。相場は採用した看護師の年収の二割程度です。この報酬を主として転職サイトは運営しています。

しかしここで病院側にデメリットが発生します。そのため、ある条件下においては転職サイトで応募すると厳しい状況に置かれることがあります。それは、仮に病院に転職サイト経由で求人に応募してきた人と直接応募してきた人がいるとします。両者共に優秀であれば、当然のことながら病院側は契約金を支払わないでいい後者を採用する可能性が高くなります。

これは転職サイトのデメリットですがそのかわり多くの情報とサービスを受けることができます。支援金のシステムを利用すれば(転職サイトにもよるが)だいたい10~30万円を受け取ることができます。

双方一長一短ですので本来の目的である「転職」を成功させるための手段を選びましょう。